新着情報

防火防煙横引シャッターのガイドレールの溝を無くせないでしょうか?

2016/03/04

 大丈夫ですよ、溝を無くす方法はありますよ。ただ、下部レールを取り外すことはできません。

 国土交通省の大臣認定( 認定番号 CAS-0857 )は、下部レールも含めての仕様になっています。しかし、下レールを無くす事は出来ないのですが、下レールの溝を隠してしまえばいいのはないでしょうか?ただいま、特許申請中なのですが、弊社の独自開発として「バリアーフリー式自動蓋付きレール」というガイドレール仕様があります。

IMG_3989 IMG_4069
 防火防煙横引シャッターSR(認定番号CAS-0857)  バリアーフリー式自動蓋付レール(特許申請中)
IMG_4068 261219 自動フタ付き① 
カーペットとの段差無し、溝の隙間無し  蓋をめくりながら閉める方向に動きます。
261219 自動フタ付き④  261219 自動フタ付き⑤ 
 ステンレス製バイブレーション仕上げ   ステンレス製バイブレーション仕上げ

 

 「バリアーフリー式自動蓋付きレール」の特徴として下記の通りです。

①ガイドレールの溝部分を塞ぎながらも、国土交通大臣の大臣認定に適合しております。

②シャッターの先端に弁が付いており、シャッターが動く(=閉めていく)と蓋を捲り上げながら閉まります。

③シャッターが開くと、蓋の重みで自動的に蓋が閉じる状態になります。(※お客様の手を煩わせません。)

④蓋とフロアー面の段差がありません。バリアフリーになっています。(他の類似品には段差があります。)

⑤蓋部分は、傷を目立ちにくくした「ステンレス製バイブレーション仕上げ」となっております。

⑥蓋間の隙間を無くしたので、ゴミが入りません。入りにくくしました。

 

 

 


PAGETOP