製品紹介

CAS-1007;防火防煙横引シャッターSR(特定防火戸・煙感知連動仕様、BOX型)

IMG_4978
IMG_4995
IMG_4989
IMG_4977
IMG_4978
IMG_4995
IMG_4980
⑥ 
IMG_4047
IMG_4057


サイズ 有効開口W8,000mmX有効高さH2,500mm
仕様 電動式、BOX型、シーケンサー制御(=slowスタートし、slowダウン)、煙感知連動仕様、非常電源装置(バッテリー型)付き、バリアフリー蓋付仕様(特許申請中)
材質 スチール製( 指定焼付塗装、防煙スラット )、P=75、t=1.6
 ※素地仕上げ( 溶融亜鉛鍍金 )
 ※錆止め塗装、仕上げ塗装(現場仕上げ、焼付塗装)
 ※ステンレス製、P=75、t=1.5 ( 防煙スラット )もあり
コメント   従来、竪穴区画のエスカレーター廻りには、四隅に柱を設けた上下式の防火防煙シャッターがあります。弊社の防火防煙横引シャッターSRは、「柱無しのシャッター」として開発しましたが、従来のCAS-0857仕様の場合、最大面積60.48㎡かつ最大長さ16,800mmまででした。
 「エスカレーター廻りの場所につけられるようなもっと大きなシャッターはないのか?」というお客様のご要望により、弊社の技術力を駆使し設計・開発致しました。
 このたび、平成29年8月、国土交通省大臣認定製品「 CAS-1007 」特定防火戸仕様(遮煙仕様)を取得致しました。

 「CAS-1007」の防火防煙横引シャッターSRは、《最大長さ;40,880mm、最大高さ;5,000mm、最大面積;204.44㎡」まで認定を受けました。

 また、不特定多数のお客様が往来する商業施設なので床面と段差が生じないように、「バリアフリー・蓋付ガイドレール」(特許申請中)にしました。バリアフリー蓋付仕様は仕上げ面の標準仕様は「バイブレーション仕上げ」にしており、傷が目立ちにくく、床面との段差を解消し、弊社独自の個性ある精度のもった製品対応により、ゴミを入りにくくしました。(特許申請中)(尚、掲載写真は、ヘアーライン仕上げになっております)

PAGETOP