新着情報

世界最大の水平引きシャッターとして、世界一に認定されました。

2017/09/29

ばエキスプレス守谷新車輌工場に、設置しました「転落防止用・水平引きシャッターSR」が世界最大の水平シャッターとして、世界一に認定されました。

RIMG5723 RIMG5725
シャッター閉鎖中 測定中①
RIMG5726 RIMG5731
測定中② 結果発表


このたび、認定式には、首都圏新都市鉄道株式会社 代表取締役社長 柚木幸一様、つくばみらい市 市長 片庭正雄様、守谷市 市長 松丸修久様が、来賓戴きました。

IMG_4947 IMG_4946
首都圏新都市鉄道株式会社 様、株式会社横引SR、認定員 つくばみらい市 市長 片庭正雄様、守谷市 市長 松丸修久様
IMG_4945 RIMG5753
 施工関係全員  協力会社(三協立山アルミマテリアル様)
 IMG_4942
 株式会社横引SR(担当責任者ら)

 

 今度、首都圏新都市鉄道株式会社様の新車輌基地に、鉄道車両1両の開口部分に吹き抜け部分に従業員の方が安心して安全に作業できるように「転落防止用のシャッターはないか?」と相談を受けました。

 そこで、弊社は、三協立山アルミ様のご協力の元、日本の製作技術を結集し「世の中に存在しないシャッター」(=「人が乗っても大丈夫なシャッター」)を開発・設計・製造致しました。

 その設計開発している中で、「もしかして、このシャッターは世界一ではないか?」と思いました。「世界一になれるかも、こんな東京葛飾区の小さな会社が、もしかしたら?」思いつつ弊社は、調査会社に依頼しました。

 調査会社にテフコ様のご協力の元、世界のシャッター会社を調べ上げました。イギリス、イタリア、中国、インド、オーストラリア、タイ、中国、アメリカ等、様々なシャッターメーカーが存在する中、「水平引きシャッターで、巻取りBOX仕様で、1枚引き仕様で、電動仕様である」というすべての条件を満たしたシャッターの中で、弊社のシャッターは世界最大の面積のシャッターとなりました。もちろん、「人が乗っても大丈夫なシャッター」はありませんでした。

 「世界一になれるかも、こんな東京葛飾区の小さな会社が、もしかしたら?」が現実になるのではないか??興奮の冷め止まぬ内に申請したのでした。

 その結果、平成29年9月29日10:40、《有効開口w3,247mm(10.652ft)、有効長さL21,340mm(70.013ft)、面積69.29㎡(745.778平方ft)が、「世界最大の水平引きシャッター」として、世界一に認定されました。》と、認定員に宣言されました。

 これも、マイナスから始まった創業5年の小さな会社が、協力会社様とのご協力の元に得られた世界一の認定書であると思います。本当に本当にありがとうございました。

 


PAGETOP