会社概要

株式会社横引SR >> 会社概要

ごあいさつ

ごあいさつ
拝啓、
新春の候、ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく御礼申し上げます。

このたびはお蔭様で、皆様のご協力のもと平成25年1月10日「株式会社横引SR」を設立致しました。

社名の「SR」とは、「shutter of reliance」(「リライアンス」の意味は信頼、信用、期待)という意味をあらわしており、「(人に)信頼されるシャッターの」意味を込めました。会社では、「駄目、しょうがない、できない、無理ですよ、わからない、良くならない」という言葉を、禁止することといたしました。

弊社が一重にお客様や仕入れ先様の常にお蔭様であり、どのような些細なお仕事であっても喜んでするということを信条とさせて戴いたことにより、この地で商売(あきない)ができたと思います。皆人様には、本当に心より常々感謝しております。

また、弊社はお客様のさまざまな心配事や不安事をなくすために、三つの安(安心・安全・安定)のある製品をご提供させていただきたく存じます。そして、私におきましては、「為せば成る 為さねばならぬ 何事も 為せぬは成らぬ 我が心にあり」を心掛け、今後この仕事に従事して参ります。

最後に、株式会社横引SRは、人(=お客様、仕入れ先様、従業員、家族)とのご縁すべてに感謝させていただきます。
何卒、更なるご愛好と倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

会社概要

会社名 株式会社横引SR
会社設立日 2013年(平成25年)1月10日
資本金 5,000,000円
代表者 代表取締役 市川 慎太郎
事業内容 ①防火防煙横引シャッター(特定防火設備、認定番号 CAS-0857)
防火防煙横引シャッター(特定防火設備、認定番号 CAS-1007)
防火扉付防火防煙横引シャッター(特定防火設備、認定番号 CAS-1008)
水平引シャッター(管理用)、水平垂直引シャッター(管理用)
雨防式水平引シャッター、雨防式水平垂直引シャッター、
転落防止用水平シャッター、転落防止用水平垂直シャッター
防火防煙水平シャッター(特定防火設備、防火設備)
防火防煙水平垂直引シャッター(特定防火設備、防火設備)
横引シャッター(管理用)、シースルーシャッター(管理用)
パイプシャッター、パネルパイプシャッター
フォールディングゲート、電動フォールディングゲート
パイプカーテンゲート、パネルパイプカーテンゲート
電動門扉、手動門扉
特殊シャッター・特殊門扉その他の設計・政策及び施工販売
②上下シャッター、シートシャッター等その他の設計・製作及び施工販売
③手摺、フェンス等の金属金物(スチール製、ステンレス製)
その他の設計・製作及び施工販売
④各種シャッター・門扉その他の修理及び保守メンテナンス
本社 〒125-0052 東京都葛飾区柴又2-5-28-808
TEL:03-6657-7288
FAX:03-3695-0288
八潮支店・工場 〒340-0834 埼玉県八潮市大曽根1524-2
TEL:048-951-1550
FAX:048-951-1690
MAIL info-sr@yoko-sr.p001.jp
建設業許可番号 東京都知事  許可  (般-29)  第139821号
工場敷地 300坪
工場機械設備 5tプレス×1台、15tプレス×1台、20tプレス×3台、旋盤(4.5尺)×1台
メタルソー(歯径400)×1台、卓上ボール盤×5台
フライス盤(関東精機製、1.5馬力)×1台、コンプレッサー×2台
エアーリベッター×7台、アルミ高速切断機×3台(角度切用含む)
高速切断機×1台、電気溶接機×4台、アルゴン溶接機×4台、蹴飛ばし機×1台
天井1tグレン×1台、天井2tグレン×1台、ホイスト(500kg)×2台 他
工事車両 軽バン×1台、乗用車バン×1台、ワゴン×1台、2tWキャブトラック×1台
4tユニックトラック×1台、1.5tトラック×1台
主要取引銀行 みずほ銀行、三井住友銀行、千葉銀行、亀有信用金庫、城北信用金庫他(順不同)

取得認定

取得認定 ①平成25年3月21日  建設業許可書 建具工事業 (般-24)第139821号
②平成26年1月22日  国土交通大臣認定書「CAS-0857」
③平成29年8月25日  国土交通大臣認定書「CAS-1007」「CAS-1008」
④平成29年9月29日 「世界最大の水平シャッター」
⑤平成29年10月13日 「垂直に設置された最大のシャッター」
⑥平成30年2月16日  特許証「バリアフリーガイドレール」
(自動蓋付ガイドレール)特許第6290708号
⑦平成30年3月22日  建築業許可書 建具工事業 (般-29)第139821号
⑧平成30年3月28日  実用新案登録「袖扉付き火災用シャッター」
(防火扉付防火防煙横引シャッター)登録第3215871号

特定防火戸仕様・防火防煙横引シャッター(CAS-0857)

平成26年1月22日、国土交通大臣より『特定防火戸仕様横引シャッター』の大臣認定(認定番号:CAS-0857)を受理しました。
従来の横引きシャッターの認定範囲:36.0 ㎡で制限されていましたが、弊社の認定範囲は、60.0 ㎡まで(正確には、60.48 ㎡まで)可能になりました。
最大面積60.48㎡範囲の中で、ただし、遮炎のみの特定防火戸仕様・防火横引シャッターは有効開口W30.000mmまで、有効高さH5000mmまで制作可能です。


特定防火戸仕様・防火防煙横引シャッター(CAS-1007)

平成29年8月25日、新たに国土交通大臣より特定防火戸仕様の「防火防煙横引シャッター」の大臣認定(CAS-1007)を取得しました。 以前の横引シャッター製品をより改良し、遮煙性能を兼ねた認定範囲は、最大有効開口W40,880mmまで、最大有効高さH5,000mmまでの最大面積204.44㎡(平米)の認定範囲を取得しました。


特定防火戸仕様・防火防煙横引シャッター(CAS-1008)
※実用新案登録第3215871号

特定防火戸仕様・防火防煙横引シャッター(CAS-1008) 平成29年8月25日、新たに国土交通大臣より特定防火戸仕様の「防火防煙横引シャッター」の大臣認定(CAS-1008)を取得しました。従来、防火扉と防火防煙横引シャッター製品は別々になっておりました。しかし、技術開発により《防火扉一体型の防火防煙横引シャッター(防火扉と防火防煙横引シャッターが一緒に開閉稼働する仕様》を開発し、最大有効開口W68,140mmまでの範囲かつ最大有効高さH5,000mmまで、かつ最大面積204.44㎡(平米)の認定範囲を取得しました。
また、平成30年3月28日に特許庁より実用新案登録(登録第3215871号)を取得致しました。


アクセスマップ


PAGETOP